アフターピル服用体験談

避妊のためにアフターピルを服用したいという場合、実際に服用した人の体験談を調べてみると良いでしょう。アフターピルを服用すると早ければ3日後くらいで出血が起こるのですが、これは薬によって子宮内膜を剥がしたことで起こるものです。そのため出血が起きたからといって心配する必要はありません。生理も剥がれた子宮内膜によって出血が起きるという仕組みなのですが、自然に起きたものなのか薬で起きたものなのかを区別するために別の名前で呼ばれています。この出血は一般的に1週間以内に起こることが多いです。しかし、個人差もあるので3週間経過しても出血がないという場合、市販の妊娠検査薬を使用するか病院での検査を受けてみると良いでしょう。出血の量は排卵日によっても変わってくるものなのですが、アフターピルの服用が排卵日の直後だと出血量は少なく、排卵日から日数が経過していれば普段の生理と同じくらいの出血があると言われています。アフターピルを服用して出血が起きると、避妊に成功したことが分かります。しかし、生理が終わったばかりだと出血がないこともありますし、避妊をした時期によってはなかなか出血が起こらないこともあるでしょう。また、アフターピルの服用後、排卵出血や着床出血といった不正出血が起こることもあります。生理後2週間程度で排卵が起こり、その時に子宮内膜の毛細血管が切れることで排卵出血が起きることがあるのですが、生理と比べるとかなり出血量は少ないです。つまり排卵日とアフターピルの服用が重なると、排卵出血かアフターピルによる出血か区別できないこともあります。しかし、普段から排卵出血が起きないという場合、基本的にはアフターピルによる出血と考えて良いでしょう。