アフターピルのリスク

アフターピルは、なんらかの方法による避妊に失敗してしまったり、または避妊をせずに性行為をしてしまったあとに、緊急に服用することによって、望まない妊娠を避けるための、特別なピルのことです。 アフターピルは、性行為をしたあと72時間以内に、かならず規定の錠数を一気に服用しなければならず、また、副作用のおそれもあるため、国内では産婦人科などの医師の処方箋が必要とされています。 このアフターピルは、正しく服用すれば、かなりの確率で緊急避妊が可能ですが、どのような場合でも100パーセントというわけではなく、そのほかにもいくつかのリスクがあります。 たとえば、このアフターピルを服用したあとで、人によっては不正子宮出血があらわれることがあるほか、頭痛、めまい、吐き気、嘔吐、全身のだるさ、眠くなるといった、他の副作用の症状もあらわれることがあります。 アフターピルには女性ホルモンの作用を果たす物質が含まれているため、服用によって一気に体内のホルモン濃度が変調をきたすため、このようなことになりやすいのです。 また、一部の持病を抱えている人にとっても、アフターピルの服用がリスクになることがありますので、医師にはそのことを正しく伝えなければなりません。 たとえば、重篤な肝障害のある患者の場合ですが、もともと肝臓の機能が低下しているため、アフターピルのような医薬品の成分を代謝するにあたって、肝臓に過大な負担を与えてしまって、肝障害の症状が悪化する懸念があるのです。 心疾患や腎疾患の患者である場合についても、ナトリウムの貯留によって症状の悪化を招くおそれがあるとされていて、同じくアフターピルの使用禁忌となっています。