アフターピルの使用法と排卵痛と沸点

アフターピルはセックスで膣内射精をしてしまった場合に緊急避妊をするために服用するピルのことで、日本の場合は72時間以内にアフターピルを服用する必要があり、避妊ができる確率は約97%程度となっています。しかし世界的には新しいタイプのアフターピルが使用されていて、この薬を利用する場合には射精された後120時間までに服用すれば避妊をすることができます。また新しい薬は避妊ができる確率が98%から99%と非常に高くなっているのでより確実に避妊をすることができます。排卵痛は排卵日になると腰痛や腹痛が起きるもので、生理痛との違いは一般的に起きる時期の違いであると考えられています。排卵痛が起きてしまうと排卵日が近づくことで怒りの沸点が低くなるので職場で怒りが抑えられなくなることもあります。排卵痛は生理痛に比べると痛みを感じる期間が短いので怒りの沸点が下がる期間も短期間になります。排卵痛が起きる日が特定されている場合には職場を休むなどすることで怒りの沸点が下がっても人間関係を保つことが可能になります。排卵痛の症状を抑えるためには体温を上げる必要があるので、血行を良くする食べ物を積極的に食べるなどして体を温めます。一般的に生理痛などの原因は体の冷えであるとされているので、体を温めることで排卵痛の痛みを和らげることができます。また症状がひどい場合には低用量ピルを服用する場合があり、この場合には避妊をすることになるので、アフターピルは必要無くなります。しかし妊娠する確率も5%程度あるので、膣内で射精を繰り返しているとピルを服用しているにもかかわらず妊娠することがあります。ピルを服用している状態で妊娠したとしても健康な赤ちゃんを産むことができます。