アフターピルの知識を深めよう

男女のコミュニケーションの一つとして性行為があります。アフターピルは緊急避妊薬として知られていますが、女性はもちろん、男性もある程度知っておく必要があります。別名モーニングアフターピルと呼ばれていて性行為の際、コンドームが破れてしまった時など避妊に失敗してしまった時に使用するものです。通常、避妊をすることなく性行為を行った場合、排卵期前後に妊娠する確率は10%前後で相当低いですが、アフターピルを使用することでさらに低い確率にすることができます。アフターピルにもいくつか種類がありますが、効果が高いものだと5%程度まで下げます。避妊ができたかどうか、生理の際に出血するかどうかで判断できます。数日後から3週間程度で大体は分かります。 3週間経っても出血がない、生理がこない場合には妊娠している可能性がありますので、妊娠検査薬で確認したほうがよいと思います。妊娠検査薬は市販でもあります。アフターピルを使用する際に気をつけることは、服用するタイミングが大切なので、よく飲み方を確認することです。そして、大量に飲むと副作用があります。普通に服用しても女性ホルモンを多く摂取するために吐き気や嘔吐などが起きることがありますので、妊娠してしまったかもしれないと思って慌てて一度にたくさん飲んだりすると危険です。そして、もちろんすでに妊娠している人にはアフターピルは意味がありませんので、事前に妊娠検査薬などで確認したほうがよいと思います。また、性犯罪が増加しています。あまり想定したくはありませんが、万が一性交を強要されて避妊ができなかった場合などにもアフターピルについて知識があれば適切に服用して最悪の事態を避ける事もできますので、この際よく知っておいて頂きたいと思います。